2014年04月05日

凪あす終了!

こんにちは。凪あすPA制作デスクのマツジュンです!
本当はもっとブログに書きたいことがたくさんあったのですが
作品が動いている間は、作品を作る事に精一杯でそこまで手が回りませんでした…

『凪のあすから』ついに昨日最終話のOAを迎えましたが、
皆様楽しんで頂けましたでしょうか?

毎週、作品の反響を楽しみに作っていました。
あなたのつぶやきや、お便りは確実に僕らに届いていますよ!
そういった声や反響は、本当に励みになりました。
凪のあすからが最後まで全力で走りきれたのは、
実際に走っていたスタッフはもちろんですが、
声援を掛けてくださった皆様のおかげだと思います。

作品は、作り手が生み出して、ユーザーが育てるモノだと思います。
『凪のあすから』は、皆さんにしっかりと育てて貰えた作品なんじゃないかと
最終話OAを見て思いました!
昨今は、いろいろなアニメが数多発表され、消費されていく時代ですが、
『凪のあすから』が皆様の思い出にずっと残る作品になれれば幸せです。

本当にご視聴(またこれから最終話ご覧になる皆さま)ありがとうございました!

マ・タ・ア・オ・ウ・ネ(*゚艸゚*)

P.A.WORKS 松田

2014年04月04日

すべての『凪のあすから』ファンのみなさま

こんにちは。設定制作の橋本です。

最終話『海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。〜Earth color of a calm』
楽しんで頂けましたでしょうか。

Rayさんの「凪-nagi-」という曲とともにお届けさせて頂きましたPVに始まり、
年をまたいで半年ちょっと、
ようやく最終回を迎えました。

たった半年ではございますが、
光が波中の制服を着て、紡につっかかっていた頃が
まるで本当に5年前のようで、懐かしいです。

美術監督の東地さんと、よく凪のストーリーについて話していたのですが、
凪の世界は「恋愛」で作られていると思います。
まなかの「好き」という感情がなくなっただけで大事になってしまう、
そんな世界です。
実際にはそんなことはないかもしれませんよね。命に別状はありませんし。
なので、アニメーションならではの、恋愛ファンタジーです。

そんな「感情」の部分を大切に作って参りました。
スタッフも、それぞれキャラクターに対して思い入れをもっていて、
美海が好き、ちさきが好き、まなかが好き、さゆが好き。
光が好き、要が好き、紡が好き。
シナリオが上がるたびに、凪の話題で盛り上がっておりました。

放送話数が進むたび、たくさんのお手紙やメールを頂きました。
コミックマーケットでは直に応援を頂きました。
思い入れのあるキャラクターに、思い入れのあるメッセージを頂いて
とても嬉しく、励みになりました。

『凪のあすから』はスタッフの想いとたくさんの応援で作られた
宝石のような作品だと思います。観てくださった皆様の心に残る作品になってもらえていたら嬉しいです。

2クール、ご視聴有難う御座いました!

c.jpg

P.A.WORKS 橋本

2014年04月03日

あのね、ウミウシ

みなさん凪っス!!PA制作吉田です。
とうとう『凪のあすから』も終わりを告げようとしてます。
これまでの想いをウミウシに伝えたいと思います。

自分は凪あすで初進行をさせていただきまして、
篠原監督のもとたくさんのスタッフに支えてもらいながら、お仕事をさせていただき大変光栄であります。

凪あす制作途中では困難なこともたくさんありましたが、
終わってみると達成感がありすぎて、都合の悪いことは全て忘れますね。笑
というのは冗談で、

自分は凪あすのおかげで、アニメ作りの楽しさ。よりよいモノを作ろうという
スタッフの情熱を間近で触れることができて、とても大きな経験になりました。

もはや書きたいことがありすぎて何を書けばよいのかわからなくなってしまいました。笑

凪のあすからという作品に自分が関われて、誇りに思います。
ありがとうございました。

視聴者の皆様には、スタッフが愛を込めて作りました。「凪のあすから」に最後までお付き合い願いたいと思います。

ちなみに、山本さんには申し訳ないんですけど、
自分は美海よりさゆが好きです。かなめぇぇぇ!!

P.A.WORKS 吉田
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。