2013年11月05日

みうながすき

皆様、こんにちは。
『凪のあすから』の第1話を担当しました。銀閣山本です。
もう第5話まで放映されています、見て頂けましたでしょうか?

さて、自分はこの作品が動き始めた時からとても気になっていました。
ファンジー、恋愛、岡田麿里作品(ドロドロ)、え・・・大好物じゃ・・・・
そしてメインスタッフを聞いて、これはやばいと思いました。
美麗な世界で、魅力あるキャラが感情をぶちまける様を思い浮かべました。
そして、ひひっ、見事に胃が痛くなりもらい泣きしましたよ。
そんな思い入れの作品の1話をやれてよかったと思います。
ちなみに自分の一番好きなキャラは美海です。彼女には幸せになってほしいです。

さて、1話を担当させていただいたので、ちょっとしたエピソードをご紹介しましょう。
自分の一押しキャラ、美海の初登場シーンが下の画像のカットです。

miuna.jpg

世の中の古強者たちはおそらく直観したことでしょう。
こいつらは、【来る】と。いや来てほしいと。
このカットのtake1は美海とさゆがほぼ同時に振り向くような芝居になっており、
美海の顔がはっきりと見えるコマがありませんでした。
監督から、美海の初登場なので顔がはっきりとみえるようにしたいというリテイクが出ました。
そこで少し振り向きのタイミングを修正し、14コマほどですがきちんと顔を判別できるカットになりました。
本当によかったです。
彼女の魅力で見事14コマという、とても短いですか、もともとなかったはずの
出番を勝ち取ったのです。つまりは、そういうことです。

今後このキャラクターを暖かく見守っていきたいと思います。
頑張れ美海。

P.A.WORKS 山本
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。