2013年11月11日

前提供バック画(メンズ)

こんにちは、P.A.WORKSで総務担当しておりますおくつです。

『凪のあすから』で版権の制作進行も担当させていただいております。

第6話では前提供バックが更新されましたね。
男子メインのイラストはまだかまだかという沸騰して空焚きしかけたやかんのような欲求を汲んで、辻Pさんに「やりましょうよ」とアドバイスを下さった美術監督東地さんに感謝しつつ、作画監督の大東さんが原画を描いて下さいました!
喜んでホイホイ進行やらせていただいて、いい経験をさせていただきました。

06maetei.jpg

こちらの前提、女の子たちを待っているというシチュエーションとのこと。
光は待ちくたびれて欠伸とか…涙目ごちそうさまですっ

今後もポスターや雑誌、グッズなどでは本編ではちょっと見れない「凪あす」がきっと見れますのでこちらもぜひチェックしてみて下さい!

P.A.WORKS おくつ

2013年11月08日

いつもどきどきフォークダンス

皆さま、こんにちは!
『凪のあすから』第5話を担当させていただきました福澤です。
皆さま楽しんでいただけましたでしょうか。

作っている過程でのプレッシャーはかなりのものがあったのですが、
凪スタッフとそのプレッシャーのおかげ?で良い話数になったのでは…と、
楽しんでいただけたら満足です!
まだ放送されてない、もしくは見ていないという方、乞うご期待ください。
(今夜のニコニコ生放送で5話まで流れます〜♪)

さてさて、5話から話がまたかなり動いてきたんじゃないかと思います。
ちさきの気持ちを知ってしまったまなかはどうするのか。今後が楽しみですね。
それにしてもまなかは簡単な誘導尋問に引っかかるとは。実にちょろい。
また、前話数からずっと続いていたあかりさんと潮留家の問題が解決されて良かったですね。
「どっかいかないで」これで涙線が崩壊してしまったのは自分だけではない筈…。
あかりさんと美海には幸せになってもらいたいものです。
彼女らの今後には注目ですね。

さて、そんな5話ですが、感動のシーン以外にも個人的に紹介したいシーンを幾つかご紹介したいのです。

まずは5話から始めて光たちの私服が出てきましたね。

4人.jpg

キャラの個性がかなり出ていると思いますがいかがでしょうか。
要はやはりおしゃれに纏めていますね。流石イケメン。

ちさき.jpg

このシーンのちさきがもじもじする芝居、実は参考として自分がこの芝居を実際に行ったものを撮影して資料としてお渡しして作業してもらいました。
なかなかいい感じのもじもじ具合だったと思うのですが…、いかがだったでしょうか。

最後にこのシーン

フォーク.jpg

よく見ると手をしっかり掴んでおらず、互いの手を添える様な感じになっています。
作画ミスではありませんよ!これは彼らは思春期の男と女を意識し出す、そんな年頃ですからね。
その辺りの恥ずかしさを芝居でちゃんと見せているわけです。
学生時代に自分も体育でこんなことあったなーと思いました。
(余談ですが、最近授業でフォークダンスってやってないみたいですね…。)

細かいところまでスタッフの方は気を配って作業をされておりますので、
何気ない仕草などもしっかり見てみるのも面白いのではないでしょうか。

先日OAスタートした第6話は、プール回ですね。
これは…色んな意味で目を離せないのでは、ないのでしょうか…。
後続話数も是非見ていただければと思います!

P.A.WORKS 福澤

2013年11月07日

さゆさゆさゆ〜

皆様、チェストォォ!
PA制作の橋本です。第4話を担当させて頂きました。
タコ兼賑やかし担当でしたさゆについにスポットが!
『凪のあすから』のキャラクターの中で1番といっても過言ではない
多彩な表情を見せてくれるさゆが大好きです。

nagiblog_1107橋本.jpg

こんな顔もさゆならでは。(おじょしさまに、似てる…!)

そんなさゆに初恋も?!
まなかとちさきだけではない
小学生組の恋愛模様にも是非注目して頂けたらと思います。

P.A.WORKS 橋本

2013年11月05日

みうながすき

皆様、こんにちは。
『凪のあすから』の第1話を担当しました。銀閣山本です。
もう第5話まで放映されています、見て頂けましたでしょうか?

さて、自分はこの作品が動き始めた時からとても気になっていました。
ファンジー、恋愛、岡田麿里作品(ドロドロ)、え・・・大好物じゃ・・・・
そしてメインスタッフを聞いて、これはやばいと思いました。
美麗な世界で、魅力あるキャラが感情をぶちまける様を思い浮かべました。
そして、ひひっ、見事に胃が痛くなりもらい泣きしましたよ。
そんな思い入れの作品の1話をやれてよかったと思います。
ちなみに自分の一番好きなキャラは美海です。彼女には幸せになってほしいです。

さて、1話を担当させていただいたので、ちょっとしたエピソードをご紹介しましょう。
自分の一押しキャラ、美海の初登場シーンが下の画像のカットです。

miuna.jpg

世の中の古強者たちはおそらく直観したことでしょう。
こいつらは、【来る】と。いや来てほしいと。
このカットのtake1は美海とさゆがほぼ同時に振り向くような芝居になっており、
美海の顔がはっきりと見えるコマがありませんでした。
監督から、美海の初登場なので顔がはっきりとみえるようにしたいというリテイクが出ました。
そこで少し振り向きのタイミングを修正し、14コマほどですがきちんと顔を判別できるカットになりました。
本当によかったです。
彼女の魅力で見事14コマという、とても短いですか、もともとなかったはずの
出番を勝ち取ったのです。つまりは、そういうことです。

今後このキャラクターを暖かく見守っていきたいと思います。
頑張れ美海。

P.A.WORKS 山本

2013年11月01日

凪ブロスタート!

皆様こんにちは。P.A.WORKSの辻です。
いつもラインPでしたが今回はアニメPをやってます。何が違うのか?…あまり変わりません(笑)
ただ企画立上げから参加し、自分のやりたいことを言わせて頂きました。
それが『凪のあすから』です。

写真.JPG

気が付けばもう第5話まで放送され、放送ごとに見て下さった皆様の感想などを楽しみにしつつ、
また現場では納得のいくフィルム作りを常に目指して篠原監督はじめスタッフ一同日々奮闘しています。

去年の10月20日に電撃20周年記念イベントで『凪のあすから』を発表してからもう1年が経ちました。早い…。
10代より20代、20代より30代と流れる時間の早さが加速しますね(笑)
本当に偶然なんですけどイベント当日が自分の誕生日で、来て下さった方々から拍手を頂き本当に忘れられない1日になりました。
早く作品を見て欲しいと思い続け、無事放送を迎えることが出来て幸せです。

『凪のあすから』はまだ幼さが残る少年少女の甘く切ない恋愛を、
「海に暮らす人」というちょっと不思議なテイストを加え、
綺麗にやさしく描いた御伽話です。

是非1話から最終話まで、1冊の童話を一気に読み切る気分で見て頂けたら嬉しいです。

P.A.WORKS 辻

(ニコ生振り返り生放送やりますー【11月8日(金)23:30〜#01~#05】/次からもっとライトに書こ…)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。